WELCOME TO "Rakuda" CAMPUS

深夜に誰かに語りたくなったことを、だらだらと書いています

日本とアメリカのバレンタインデーの違い

カルチャーの違いなので、いいとか悪いとかの話ではないんですけど、いつもこの時期になるとバレンタインについて思うことがあります。

Brown Bear Plush Toy Holding Red Rose Flower

ボクはアメリカに住んでいたことがあるので、ついつい日本とアメリカを比較してしまいます。特に、海外から入ってきたイベントについては、違和感というか、オリジナルからかなりオーダーメイドされているのを感じます。

アメリカの場合

アメリカで働いている時に、バレンタインデーになると男性の同僚が早めに家に帰ります。最初は、なぜか分からなかったんですが、理由を聞いてみると、

「妻に花を買って帰るからだよ。普段のお礼としてね。」

「チョコレートを予約しているからそれを受け取って、恋人にプレゼントするんだよ。」

そのような回答が返ってきました。

当時のボクにとっては、かなりの衝撃。日本のバレンタインが世界標準だと思っていましたから。アメリカでは、男性から女性にプレゼントをする日でした。

日本の場合

女子から男子にチョコと共に愛を告白するみたいになっていますね。でも、実際にこんなことをやるのは、小学生くらいかなぁと思います。後は、カップルや家族間でのチョコのやり取りや、職場での義理チョコのやりとりくらいでしょうか。

アメリカとはまた違った意味で良い文化だと思います。

小学生時代のボクにとっては、非常にドキドキする日だったのを覚えています。ほとんど貰えないんですけど、少しお洒落をして学校に行ったのを覚えています。

この違いから思うこと

女子が積極的なアメリカの場合は、わざわざバレンタインデーなんてものを設定しなくても、いつでも告白しちゃうのかもしれません。

一方で、日本のようにシャイな場合は、告白する日、みたいなものが受け入れられるのかも。わざわざ愛を告白する日なんて作らなくても、好きになったらすぐに告白すればいいのでは、とアメリカ人なら思いそう。

個人的には、一年間にイベントが増えるのは楽しいので、日本の文化が好きです。今年はルビーチョコがあるらしいので、楽しみ。自分で買ってみようかな(笑)

 

 

 

LA LA LANDは全ての夢に挑戦する人のために作られた映画だった

金曜ロードショーの「LA LA LAND」を見て、久しぶりに胸が熱くなりました。

 

以前に飛行機の中で見たことがあったので、今回は2回目です。改めて見ましたが、非常に良い映画ですね。 

 

この記事では、LA  LA LANDを見て感じたことをまとめておきたいと思います。


La La Land (2016 Movie) Official Trailer – 'Dreamers'

1.夢見ること

エマが女優を目指すきっかけになったおばについて歌うシーンが、一番記憶に残りました。乾杯はその歌の歌詞です。

 

夢に生きるって簡単なことじゃないと思います。本当に夢に向かって行動している人って、カッコいいですよね。口ではなんとでも言えますが、行動をしている人は尊敬します。

 

周りの反対を押し切り、批判されても動じずに自分を信じて突き進むには多大な情熱が必要です。何に情熱を燃やすのかは、人それぞれですが、そんな人生を過ごしてみたいです。

 

この映画を見て、自分の人生について考えさせられました。大女優みたいな、非常に大きな夢ではありませんが、自分も成功したいと思います。

2.想像力

この映画の中では、想像のシーンが数多く流れます。現実では起きていないですが、主人公たちにだけ見えている世界です。

 

イマジネーションを持って、目の前に起きていることだけを見ないことです。こうだったらいいのに、という自分なりの想像の世界を常に思い描きながら生きていくと世界が変わって見えるのかな、そんな風に思いました。

 

自分にしか見えない世界を生きてみたいですね。

 

【ハピタス】ミステリーショッパーをやってみたので、ネットで調べても載っていなかったことをまとめておきます。

ハピタスというサービスをご存知ですか?

ボクは2つの機能を使っていて、①アフェリエイトと②ミステリーショッパーです。

 

①は、ハピタスを経由して買い物をすればポイントがもらえるサービス。②は、店舗で食事をして感想を書くことで、食事代金の半額などがポイントで還元されるサービス。

 

この記事では、②のミステリーショッパーを実際にやってみて分かったことをまとめます。

ミステリーショッパーに行くまでにやったこと

ミステリーショッパーはいつでも誰でも出来るのではなく、応募をして当選しなければいけません。ここが要注意です。良さそうなお店で、還元率が高いものは人気がありますので、当選率が低くなります。

 

今回、ボクが応募したのは下記の条件のものでした。

①4日以内にミステリーショッパーに行けること

②大人2名以上

➂ランチ時間帯にご飯とドリンクを頼むこと

④事前に予約をしてから来店すること

→食事代の50%をポイントで還元

 

ハピタスのサイトで見つけて応募したのは食事に行く前日。すぐに応募をして、その日のうちに当選の回答がありました。そして、すぐにお店に予約を入れました。

 

店舗に行ってみて迷ったこと

実際に店舗に行ってから、いくつか迷うことがあったので、それについても、まとめておきます。

 

①大人が2名以上いれば、一緒に連れて行った子供の料金の50%も還元される。

→子連れでもOKです。

②ランチには、ドリンクがセットになっていたのですが、条件が「ドリンク」をオーダーすることになっているので、追加でドリンクを注文

→ここは確認が必要かもしれません。ボクはビビッて追加注文しました。

③クレジットカードで支払いをすると、「注文したメニューが書かれたレシート」をもらえないので、店員さんに「注文したメニューが書かれているレシート」が欲しいことを伝える必要があります。

→何も言わないと、クレジットカード払いだと、合計金額が書かれたレシートしかもらえませんでした。

 

食事のあとに実施したこと

店舗で食事をすると、すぐにアンケートを記入することをおすすめします。アンケートは15分程度でした。同様に気を付けることを書いておきます。

 

①アンケートを提出してから3日後くらいに、修正依頼。

→細かい点を聞かれるので、アンケートに書く内容は適当じゃだめだと思いました。

②ポイントは、1週間程度で振り込まれる

→アンケートを修正したらすぐに振り込まれていました。

 

やってみて、とてもコスパの良いサービスだと思いましたので、これからもやってみたいと思います。

 

以上です。