らくだキャンパスへようこそ!

らくだのこぶには夢と野望が詰まっている

年末に初めて「ふるさと納税」をやってみたので、初心者向けにお得になる方法を整理してみた

想定読者:ふるさと納税に詳しくない人

記事内容:制度の概要(総務省HPより)、お得な選び方

ãµããã¨ç´ç¨ã§æ¥æ¬ãåæ°ã«!

*1

ふるさと納税とは?

そもそも何が目的で出来たの?

都市に移り住む人が増える日本。田舎の人口はどんどん減る。そうなると、田舎の税収は減ってしまい、公共サービスは悪化し、道路なんかひび割れたままみたいな状況に。今は都市に住んでいるけど、お世話になった自分の故郷に納税出来る制度があってもいいんじゃないでしょうか!、という考え方出来た制度。

ãµããã¨ç´ç¨ã¨ã¯

*2

納税ってどういうこと?

納税っていうけど、位置づけは寄付。この寄付した金額は確定申告をすれば、「寄付した金額-2000円」されて、所得税、住民税から引かれる。2000円は自己負担になるけど、それ以外の金額は確定申告で戻ってくる。ただし、所得金額に応じて上限額が決まっているので注意。※後で詳細を説明

 具体的にどうすればいいの?

全国どこの自治体にも納税することが可能なので、自分が納税をしたい地方自治体を選ぶ。その時に、税金の使い道も指定することが可能。各地方自治体としては、納税をして欲しいので、返礼品として地方の名産物を納税者にお返ししている。肉とか魚とか、米とか。そうして納税する先を選んで、その後に確定申告をすればお金が返ってくる。今は「ふるさと納税ワンストップ特例制度」というものがあって、条件を満たせば確定申告をしなくてもいい。

*3

 ふるさと納税をやってみよう!

ボクが実際にやった手続きの方法について説明をしてみる。

STEP1:自分の上限額を確認する

ふるさと納税制度のポイントとして、収入に応じて納税金額の上限が設定されていること。収入が少ない人は、そもそも払っている所得税や住民税が少ないから。

自分の上限金額以上にふるさと納税をしてもお金は戻ってこないので、上限額を確認することが一番大切。

【楽天市場】ふるさと納税|マイページ - かんたんシミュレーター

STEP2:使用するサイトを選ぶ

ふるさと納税が可能なサイトは複数あって、そこから自分が一番使い易いもの、お得なものを選ぶ。下のサイトでZAIがまとめているけど、ボクは楽天を使用。納税額に応じてポイントがもらえるので、二度美味しい(笑)

diamond.jp

STEP3:納税する自治体を選ぶ

大きく2つ考え方がある。1つ目は、自分の故郷やお気に入りの地方に納税をする方法。2つ目は、返礼品目当てで自治体を選ぶ方法。2つ目を選ぶ人が圧倒的に多いとは思う(笑)

2つ目であれば、各サイトの人気ランキングを見て選んでいけばいいと思う。

STEP4:確定申告を実施

特例制度を利用した場合は確定申告は不要。

※特例制度の対象者は、給与所得者で、5自治体以内であること

利用していない場合は、3月15日までに寄付を証明する書類(受領書)を持って、住所地の税務署で確定申告を実施することが必要。受領書は、ふるさと納税を実施すると各地方自治体から発行されるので、捨てないで保管しておく。

納税先のお得な選び方

 返礼品を目当てで納税する人を対象に書いていくと、まずは還元率が高いもの、更に、自分が必ず消費するもの。この2つを満たすことが重要。

下のサイトでいうと、大阪泉佐野市の黒毛和牛や宮崎都農町のうなぎ、北海道森市のウニが還元率100%前後。2018年のTOP10が計算されているので参考にしたい。

【2018年12月最新】還元率で選ぶお得な「ふるさと納税」おすすめ特産品ランキング – Soldie

f:id:Takarabe-san:20190105173510p:plain

ちなみにボクは、肉、米、果物といった食品をメインで選んだ。

結果論だが、大阪の泉佐野市が非常に多くなった。他の自治体に比べて、還元率がなぜか高い。調べてみると、泉佐野市は、2017年は、全国トップの寄付金を獲得。泉佐野市の返礼品は、地産品ではなく、他の地域の特産品を返礼品にしている。黒毛和牛やビール、お米などなど。

泉佐野市の返礼品

日本一の理由は、返礼品の還元率が圧倒的に高いから。それに対して、総務省は、基本的に地産品にすること、還元率は3割にすること、という通知を出している。

市のコメントは、「特産品がない市はどうすればよいのか?」というもの。返礼品の選定は、市内に本店、支店、営業所を置いている企業から提供されているものらしい。

宝石や自転車、家電などが問題なのは分からないでもないが、特産品がない自治体の生き残り方は考えないといけないだろう。

www.fnn.jp

ふるさと納税をやってみて思うこと

年末に時間があったので、やってみたが、非常に楽しかった。この制度は、やれば3割くらい得するものであり、やらなくても損はしない。また、楽天のサイト上で出来るので非常に手軽。今後も継続をしてやっていきたいと思う。

また、選び方も少し幅広くしてもよいかもしれない。いろいろな地方自治体があって、そのことを考える良いきっかけになると思うし。