WELCOME TO "Rakuda" CAMPUS

深夜に誰かに語りたくなったことを、だらだらと書いています

LA LA LANDは全ての夢に挑戦する人のために作られた映画だった

金曜ロードショーの「LA LA LAND」を見て、久しぶりに胸が熱くなりました。

 

以前に飛行機の中で見たことがあったので、今回は2回目です。改めて見ましたが、非常に良い映画ですね。 

 

この記事では、LA  LA LANDを見て感じたことをまとめておきたいと思います。


La La Land (2016 Movie) Official Trailer – 'Dreamers'

1.夢見ること

エマが女優を目指すきっかけになったおばについて歌うシーンが、一番記憶に残りました。乾杯はその歌の歌詞です。

 

夢に生きるって簡単なことじゃないと思います。本当に夢に向かって行動している人って、カッコいいですよね。口ではなんとでも言えますが、行動をしている人は尊敬します。

 

周りの反対を押し切り、批判されても動じずに自分を信じて突き進むには多大な情熱が必要です。何に情熱を燃やすのかは、人それぞれですが、そんな人生を過ごしてみたいです。

 

この映画を見て、自分の人生について考えさせられました。大女優みたいな、非常に大きな夢ではありませんが、自分も成功したいと思います。

2.想像力

この映画の中では、想像のシーンが数多く流れます。現実では起きていないですが、主人公たちにだけ見えている世界です。

 

イマジネーションを持って、目の前に起きていることだけを見ないことです。こうだったらいいのに、という自分なりの想像の世界を常に思い描きながら生きていくと世界が変わって見えるのかな、そんな風に思いました。

 

自分にしか見えない世界を生きてみたいですね。