WELCOME TO "Rakuda" CAMPUS

深夜に誰かに語りたくなったことを、だらだらと書いています

日本とアメリカのバレンタインデーの違い

カルチャーの違いなので、いいとか悪いとかの話ではないんですけど、いつもこの時期になるとバレンタインについて思うことがあります。

Brown Bear Plush Toy Holding Red Rose Flower

ボクはアメリカに住んでいたことがあるので、ついつい日本とアメリカを比較してしまいます。特に、海外から入ってきたイベントについては、違和感というか、オリジナルからかなりオーダーメイドされているのを感じます。

アメリカの場合

アメリカで働いている時に、バレンタインデーになると男性の同僚が早めに家に帰ります。最初は、なぜか分からなかったんですが、理由を聞いてみると、

「妻に花を買って帰るからだよ。普段のお礼としてね。」

「チョコレートを予約しているからそれを受け取って、恋人にプレゼントするんだよ。」

そのような回答が返ってきました。

当時のボクにとっては、かなりの衝撃。日本のバレンタインが世界標準だと思っていましたから。アメリカでは、男性から女性にプレゼントをする日でした。

日本の場合

女子から男子にチョコと共に愛を告白するみたいになっていますね。でも、実際にこんなことをやるのは、小学生くらいかなぁと思います。後は、カップルや家族間でのチョコのやり取りや、職場での義理チョコのやりとりくらいでしょうか。

アメリカとはまた違った意味で良い文化だと思います。

小学生時代のボクにとっては、非常にドキドキする日だったのを覚えています。ほとんど貰えないんですけど、少しお洒落をして学校に行ったのを覚えています。

この違いから思うこと

女子が積極的なアメリカの場合は、わざわざバレンタインデーなんてものを設定しなくても、いつでも告白しちゃうのかもしれません。

一方で、日本のようにシャイな場合は、告白する日、みたいなものが受け入れられるのかも。わざわざ愛を告白する日なんて作らなくても、好きになったらすぐに告白すればいいのでは、とアメリカ人なら思いそう。

個人的には、一年間にイベントが増えるのは楽しいので、日本の文化が好きです。今年はルビーチョコがあるらしいので、楽しみ。自分で買ってみようかな(笑)