らくだキャンパスへようこそ!

深夜に誰かに語りたくなったことを、だらだらと書いています

コンサル転職こんなはずじゃなかった1:高級派遣としてこき使われる

コンサルタントのお仕事の一つに人貸しがあります。

f:id:Takarabe-san:20180627063905p:plain

人貸しとは、要するに、コンサルタントを企業に一定期間貸して、その組織の中で働かせることです。企業の中で、絶対にやらないといけない仕事があるんですが、人が足りていない場合、金にものを言わせて、コンサルタントを借ります。いわゆる高級派遣です。

 

実際の仕事は、組織の意思決定に関わるわけではなく、主にはデータ分析と資料作りです。まぁ、そこに一番工数がかかるので仕方ないですけど。とにかく、データを集めてきて、それを分析して、資料におこすことを時間のある限りやりまくります。

ボクが以前やっていたプロジェクトもまさにそうでした。

 

しかし、これをやっているとふと思うことがあります。

「これなら転職した意味なくね?」

そうです。転職前の会社にまた戻ってきた感じなんです。しかも、その会社の社員じゃないので、完全に縁の下力持ちというか、雑用系の仕事が多いです。

「これ分析して、資料にしておいて」

こんな感じで次から次に依頼がふってきます。自分が作った資料やデータでお客さんが報告をしにいきます。報告している間、ボクは次のデータ分析をしています。

 

コンサルって、仮設を立てて、検証して、提言をする。そんなことをイメージしていましたが、そんなプロジェクトばかりではありませんでした。大前春子じゃないですけど、高級派遣社員の仕事もそれなりにあります。

 

コンサルへの転職を考えられている人はご注意下さい。データ分析のし過ぎで腱鞘炎になります(笑)